いつもロンサムのブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は、私の好きな真鍮という金属を使ったスカーフリングのご紹介です。

 

真鍮とは

真鍮は銅合金の一種で、銅と亜鉛で出来ています。

用途は様々で、身近な物ですと五円玉や、楽器、鍵などに使われていますのでご存知の方も多いと思います。

 

真鍮の魅力とは、というと

真鍮は磨きをかけると、綺麗な光沢と黄金色がとても印象的です。

そして、使い込んだり放置しておくと、落ち着いたアンティークのような風合いに変化していきます。

その辺りが真鍮の魅力でもあると思います。

古いドアノブや家具の取っ手など何とも言えない、いい雰囲気です。

真鍮のエイジング

そんな魅力的な素材を使って制作したのが、今回ご紹介する真鍮製のスカーフリングです。

 

SCARF RING -tetra-

スカーフリング

裏表はありませんが、片面にはアトリエマークが彫刻してあります。

スカーフリング

もう一方の面には四面体をモチーフにした幾何学模様を彫刻していて、全体をアールデコスタイルにデザインしています。

リヴァーシブルでお使いいただけますので、お好きな面を表にしてご使用ください。

スカーフリング

珍しい、3つ穴ヴィンテージスタイルのスカーフリングに仕上げました。

詳しい使い方については、以前のブログでもご覧いただけます。

 

スタイル

スカーフはもちろん、バンダナにも気軽に使っていただけます。

ユニセックスでのご提案ですので、プレゼントなどにもよろしいかと思います。

スカーフリング

着用画像はバンダナに合わせてみました。

わたしのようなおじさんでも、もちろんOKです。

是非、お試しください。

 

こちらからもお求めいただけます。→オンラインストア