現在オールブライドルレザーのウォレット製作中です。

ざっと工程をご紹介します。

wallet work1こちらの画像はウォレットの表面と内側の面を張り合わせた状態です。

いせ込みと言って、あらかじめ曲げた状態で張り合わせます。
これをすることで財布を畳んだ状態にした時、しわが付きにくくなります。
特にブライドルレザーは固いので、
これをやるのと、やらないとでは、クオリティーに差が出てしまいます。

wallet work2パーツを切り出したところです。

wallet work3各パーツごとにあらかじめコバ面を磨き仕上げておきます。

wallet work4コインケースのファスナー窓。
こういうところは非常に磨きづらいところですね。

wallet work51ミリ弱の薄い革のコバを磨くのは結構大変です。

wallet work6捻引きとステッチ。
これで作品の質感が決まるといっても過言ではありません。

wallet work7丁寧に捻引きして、コバを引き締めます。

wallet work8

wallet work9ヤスリ、磨き、を何度か繰り返して整えたコバに染色していきます。

その後最終の磨きを経て完成になります。

途中の縫製など省略してますが、ざっとこんな感じでやっています。

完成画像は後日アップいたします。

よかったら、是非、皆さんも使ってみてください。