ご覧いただきまして、誠に有り難うございます。

クラシックメンズアクセサリーブランドのロンサムです。

クラシックなボタン留めのサスペンダーのご紹介です。

 

サスペンダーとは

サスペンダーとは呼んで字の如く、ズボン吊りの事です。

その呼び名もアメリカでの事で、英国ではブレイシーズと言われています。

suspender9

用途としてはベルトの代わりにパンツを吊ることでズレ落ち防止の役割を果たします。

 

サスペンダーの種類

サスペンダーの主な種類は、背中のデザインによって、Hタイプ、Xタイプ、Yタイプなどがあります。

それぞれ細かい使用感の違いはありますが、デザイン的な部分の違いが大きいでしょう。

背中がY字になったYタイプ

suspender3

また、パンツのジョイント部分の仕様はボタン留めとクリップ留に大きく分けることが出来ます。

クリップ留のメリットはどんなパンツにもクリップで装着することが出来ます。

一方、ボタン留めの場合はパンツのボタン位置に装着しますので予めボタンを付けておくことになります。

少し手間のかかる方法ですが、ボタン留めはよりクラシックな印象を与えてくれます。

今回、ご紹介するサスペンダーはそのボタン留めになります。

suspender 7

 

拘りのブライドルレザーのパーツ

今回ご紹介するサスペンダーに使われているレザーパーツは、全て英国産のブライドルレザーです。

もともとイギリスの馬具に使うために鞣された革なので、その耐久性や耐水性など、

過酷な状況下での使用に耐えうる強度を持ち合わせています。

ですが、その実用性もさることながら見た目の美しさも、特筆すべき点であることは言うまでもありません。

使用と共に上がってくる艶は、まさにこの革特有の物になります。

 

背中のパーツ

suspender15

特に、この背中のパーツなどは常に触れる部分になりますので、

エイジングのスピードも格段に速い事でしょう。

 

ジョイントパーツ

suspender16

suspender style 2

suspender style 3

ジョイントパーツは一本一本独立した、クラシカルなセパレートタイプになります。

 

ボタンは付属します

お手持ちのパンツにサスペンダー取り付け用のボタンが無い場合は、どうぞ付属のボタンをご使用ください。

アイボリーナット

nut botton

こちらの付属するボタンは、本ナットボタンと言い、タグワヤシの実を削って作ったボタンです。

天然素材ならではの風合いが魅力です。

使用と共にとても良い雰囲気になって行くことでしょう。

suspender botton 2

上の画像は、私の私物のパンツにボタンを付けた画像です。

ボタンの位置は、厳密なきまりはありませんのでご自分でも簡単に付けられると思います。

またはお近くの洋服直し屋さんなどでも付けてもらえます。

 

織ゴム

こちらのサスペンダーに使用しているゴムパーツは、

とても雰囲気のある織ゴムを使用しています。

適度な張りとコシがあります。

suspender14

色は生成りで少し光沢のある素材感は、

ブライドルレザーとの相性もよく全体的に統一感があります。

 

サスペンダーのメリット

サスペンダーはその名の通りパンツを吊って使用するものなので、

少し大げさですがベルトのように腹部を締め付ける事はありません。

なのでウエスト付近の圧迫感を感じないというメリットがあります。

また、吊ることでズボンの折り目を綺麗に見せるという役割も果たしてくれます。

そしてやはり一番のメリットは、クラシックな佇まいによる着こなしのアクセントと言えるでしょう。

是非、お試しくださいませ。

 

suspender style 1

CA-29
SUSPENDER TYPE 1

素材:UKブライドルレザー/織ゴム
カラー:ブラック、キャメル
プライス:¥12000+TAX

オンラインストア